instagram

スマホ対応サイトを作る方法と比較

スマホ対応サイトの構築方法とそれぞれの比較。
近年スマートホンが急激に普及しスマホサイトの需要がますます高まっています。
皆さんのホームページもスマートホンからのアクセスが多くなってきたのではないでしょうか?
PCでは大きな画面で横長で表示されることが多いですが、スマホでは限られたサイズで縦長の表示となり、PCサイトだけだと見にくくアクセスしてもらっても成果に繋がりにくくなってしまいます。
スマホ対応サイトにする方法はいくつか存在しますが、スマホ対応サイト制作の方法内容を比較していきたいと思います。

①もともとスマホで見れるように作ってしまう。

 →パソコンサイトを作るのではなく、縦長でも見やすいように初めからスマホ用として作ってしまう。

②レスポンシブデザインで対応
 →PCやタブレットなどのユーザーのデバイスによってデザインを変える方法です。

③デバイス毎に表示方法を変える
 →アクセスされた機種などにより動的に表示方法を変える方法です。

④URLを分岐する。
 →パソコンサイトとスマホサイトを別々に制作し、デバイスにより表示されるページを分ける方法です。

メリット・デメリットの比較

①もともとスマホで見れるように作ってしまう。
メリット
・初めからスマホサイトとして作るので更新等もそのまま対応が出来る。
デメリット
・スマホ用に作るのでパソコンでの表示を考えるとデザインやレイアウトに制限がある。
②レスポンシブデザインで対応
メリット
・コンテンツやURLが変わらないのでパソコンでもスマホでも同じページを見ることが出来る。
・ページ幅によってレイアウトが自然に対応するので使い勝手が良い。
デメリット
・デバイス毎に表示を変えるため、サイトの設計が複雑。
③デバイス毎に表示方法を変える
メリット
・デバイス毎に最適なレイアウトで表示できる。
・URLが変わらず、かつデバイス用のHTMLを読み込むので読み込みが早い。
デメリット
・コンテンツが分岐してしまい、構築内容が複雑化
④URLを分岐する。
メリット
・それぞれのデバイスに対応したページをレイアウトできる。
・構築が簡単にできる
デメリット
・URLが複数になるため、シェアなどの際に注意が必要になる。
・コンテンツが分岐される

スマホ対応サイトの代表的な作り方を比較してみましたが、どれも一長一短です。
また今回は比較の基準にはしていませんが、アクセス解析やSEO等のとらえ方もそれぞれ違いますので注意が必要です。

まとめ。
ページ数の多いサイトであれば最初の構築をしっかりと作る方法①、②がおススメです。
ページ数の少ないサイトや、なるべく簡単にスマホサイトを作りたい場合は③、④が良いと思います。

無料でホームページが持てるサービス「WIX」を使ってみて。

先日、WIXサービスを使ってホームページを制作させていただきました。

結論から入ります。

本当に簡単に作れます。でも本格的なビジネスには向いていない。

☆良い点
制作は本当に簡単でした。通常ホームページなどの製作には「HTML」という言語を使って書いていくのですが、WIXではテンプレートを利用してテキスト変更や画像の差し替えをするだけ。配置もマウスでドラッグするだけ。という簡単さ!
スライドショーやブログ等も簡単に無料で使う事が出来ます。
また、レスポンシブ対応のサイトも一緒に出来るのでスマホ対策にも十分使えますね♪

★悪い点
独自ドメインやメールを使う場合は割高な利用料が必要な場合も。
ドメインに関しては、「.jp」などのドメインが非対応なので注意が必要です。
メールアドレスもユーザーを追加すると料金が上乗せされるので複数のメールを取得するのであれば、メールサーバーを別に持った方が良さそうですね。
などなど・・・

◎まとめ
個人のホームページや名刺の補足としての利用には自分の表現がしやすいと思うので無料であれば使えますね。
ただ、ビジネス使用となると広告も表示したくないですし、独自ドメインやメールアドレスは必須項目かなと考えると有料化は必然となるので、別のサービスを利用する方が良いのではないかと感じました。

自分でホームページを作ってみたいと思う方は一度試してみてはいかがでしょうか?
WIXのWEBサイトはこちら